タイヤ・ホイール

タイヤ&ホイール関連サービス

『走る』には必要不可欠なタイヤ&ホイールのプロフェッショナル



クルマの基本性能は走る・曲がる・止まると表現されます。
そのどれもに必要なものであるタイヤとホイール。
私たちは創業以来、クルマにとって必要不可欠なタイヤとホイールのプロフェッショナルです!

001
タイヤ&ホイール 組込み

tirewheel

軽自動車からライトトラックまでのクルマのタイヤ&ホイールの組込み作業が可能です。
対応インチは最大26インチまでです。(※店舗によって異なりますので、事前にご確認下さい。)

お客様のご要望に合ったホイールのマッチング確認などもご対応させていただくことが可能です。
お気軽にご相談くださいませ。

DSC05757  DSC05749

002
タイヤ付替え

サマータイヤからスタッドレスタイヤなどへの脱着時の付け替え作業もお任せ下さい。
付け替えに当たっては、空気圧を確認し、タイヤ&ホイールの装着の最後にはトルクレンチで適正に締め付けを行います。
また、タイヤの残溝をチェックして使用上、安全度が低くなているとスタッフが判断をすれば、
交換のご提案をさせていただいたり、駆動輪を考えてローテーション作業を行った作業を
実施いたしますので、ご安心ください。

DSC05847

003
パンク修理

お使いのタイヤに『釘が刺さって』空気が抜けちゃった!
そんな時にも、お気軽にご相談ください。

”タイヤの空気漏れ”も原因は様々。
何かが刺さって、走行時の遠心力で刺さったものは抜けたからこそ、
小さな穴が見つからないということもあれば、バルブ周辺からの空気
漏れということも。
空気漏れの箇所によっては、修理では危険かつ対応できないなどの理由で、
交換のご提案をさせていただくこともございます。

punc

004
ゴムバルブ交換

空気漏れの原因にもなりやすく、タイヤ交換時にしかチェックできないので、
見落としやすいのがこの『ゴムバルブ』です。
ゴムでできているので、どうしても劣化は起こってしまいます。
熱や走行時の振動などがその要因です。

私たちは、タイヤ交換時にゴムバルブもチェックして、劣化が確認できる場合は
お客様にご提案させていただいております。

005
窒素ガス充填

タイヤに入れる空気として、窒素が有効だってご存じですか?
航空機(飛行機)用タイヤであれば、窒素ガスを充填することが当たり前であるそうです。
それは、窒素が気体として安定しており、爆発する危険もなく、温度変化に強くて一般的には
空気の方が重いので"抜けにくい"ことが理由です。
それを、クルマにも応用して、窒素を充填するサービスをご提供しております。
 ※一部店舗にて実施

006
アライメント調整

クルマの車輪には、サスペンションによって角度が付けれらています。
車両データを元にその角度を確認して、適正にする作業のことです。
その角度がおかしくなってしまうことで、タイヤの編摩耗が起こったり、直進性が損なわれることがあります。
 ※一部店舗にて実施

007
アルミホイール修理

縁石への乗り上げで作ってしまったホイールリムガリキズや、歪みを修理するサービスです。
ホイールの形状や修理対称面の塗装方法、またキズの状態によっては修理ができない場合もありますが、
せっかくのアルミホイールなので、直して利用したい!
そんな場合は、お気軽に店頭にてお問い合わせ下さい。